takamuko.blog

怪文書と技術ネタ

救われない一郎彦。バケモノの子レビュー

細田守監督作品『バケモノの子』を観てきました。

公式サイトで細田監督が家族の物語と言っている*1ように、前作『おおかみこどもの雨と雪』以上に家族の問題に向き合ってはいますが、中核に据えられた「闇」というテーマについては疑問が残りますし、その辺りの運び方に関してはかなりの駄作だという評価だと言わざるを得ません。

ですが、ケモ映画としては最高で、当代最高のケモノ殺陣が見られます。井上俊之が描いてる、と言えば作画に詳しい人ならピンとくるでしょうか。

以下、ネタバレを含むので未見の方はご注意を。

蓮=九太は不幸なのか

物語は親を失った少年、蓮=九太(以下、九太)が自分を引き取る親族の前から逃げ出し渋谷を彷徨するところから始まります。

確かに幼くして親が離婚し、あまつさえ交通事故で母親が亡くなるというのは子供の心に大きな傷跡を残すものです。ですが、 彼には「私は愛されるに足る人間だ」という確信がありました。

このことは物語の中で直接は語られませんが、中盤に楓が「私、親と喧嘩したこともないんだ」と言うことが対比になっていると考えています。

親と喧嘩する、というのは「私は喧嘩しても見捨てられない」という安心感があってこそできるものです。きちんと反抗期を持てた人間には想像しにくいとは思いますが、楓の家のように親が子供を 過度に コントロールしようとする家庭では一度の反抗でどこまで荒廃するか想像もつかないのです。

こういったことを考えると、九太はまだマシだった、と言わざるをえないと思うのです。何故なら、もっと不幸な人間が登場するからです。

本当の不幸は一郎彦にこそある

物語の終盤、父(実際には養父ですが)の猪王山が熊徹との一騎打ちで敗北したことに逆上した一郎彦は闇に飲まれてしまいます。

彼は産まれてすぐ親に棄てられ、それを不憫に思った猪王山が自らの子「バケモノの子」として育てた拾い子なのでした。

彼は自分がバケモノであると頑なに信じていましたが、それでもどこかしっくりこない部分があったのでしょう。その疑問をたびたび猪王山にぶつけていたことが伺えます。ですが、猪王山がそこで真実を教えなかったことで彼は「私がバケモノらしくなれないのは私が至らないせいだ」と自分を追い込み、誰にもその悩みを共有もできずに魔物になってしまうのでした。

物語の中盤、次郎丸の鼻が伸びてくる頃、一郎彦は顔を隠しています。これは明らかに恥の感情であり、自分を見知られることに対して恐怖していると伺えます。おそらく彼は自分がバケモノでないことに薄々勘づいていたのですが、だからといって自分が人間であることを認めてしまうと社会に居場所をなくしてしまう恐怖も感じていました。だから「隠す」という方法しか取れないのでした。

その一方で、九太は顔を隠すことなく、むしろ熊徹を前に堂々と振る舞い自我を確立していきます。この対比は改めて見ると残酷ではないでしょうか。

では、この残酷さはどこからくるのでしょうか。

異質なものは愛せない

猪王山はバケモノ界屈指の人格者であり、そして 実際に 一郎彦を家族として愛してさえいました。

ですが、彼に丸ごとの承認を与えることはできませんでした。何故なら、バケモノと人間は似て非なるものであるからです。こういった「異質」の辛さは世の中にたくさん溢れています。性同一性障害然り、発達障害然り、身体障害然り、うつ病然り。こういったハンデ故にずっと親からすら理解を貰えずもがき苦しむ人は世の中に溢れています。

私はズレている。でも、そのズレはズレのままでいいのだろうか。それとも、「矯正」しないといけないのだろうか。抑圧を内面化することでズレを矯正し、より完璧を目指し人間性を喪失していくのか、それともズレていることを許容し、他の人がどう言おうとも我が道を行くことで人間性は保てるが、常に白い目で見られるリスクを犯すのか。

実際、人を選べば世の中そんなに白い目で見られることはないですし、実際知人のGIDの人は内心すごい懊悩を抱えているとは思いますが少なくとも周りは彼女のことを認めていますし、友人として遇しています。また、普通であればどこかで妥協点を見つけて「ほどほど」を目指しにいきます。しかし、一番身近な他者である親が「あなたの悩みは間違っている」と突きつけてしまうと前述のような極端な思考に陥ってしまいます。うつ病にありがちな「全か無か思考」というやつですね。

では、異質な自己とそれを受容できない自分、という二重の不幸を持ってしまった一郎彦が鯨と化したことについて考えてみましょう。

モビィ・ディックは神である

物語を彩る小道具としてメルヴィル『白鯨』がよく利用されていました。ここで『白鯨』のあらすじを振り返ってみましょう(wikipediaより)

19世紀後半の帆船時代、アメリカの捕鯨船団は世界の海洋に進出し、さかんに捕鯨を行っていた。当時の大捕鯨基地・アメリカ東部のナンタケットにやってきたイシュメイル(物語の語り手)は、港の木賃宿で同宿した、南太平洋出身の巨漢の銛打ち・クイークェグとともに、捕鯨船ピークォド号に乗り込むことになった。出航のあと甲板に現れた船長のエイハブは、かつてモビィ・ディックと渾名される白いマッコウクジラに片足を食いちぎられ、鯨骨製の義足を装着していた。片足を奪った「白鯨」に対するエイハブ船長の復讐心は、モビィ・ディックを悪魔の化身とみなし、報復に執念を燃やす狂気と化していた。エイハブ船長を諌める冷静な一等航海士スターバック、常にパイプを離さない陽気な二等航海士のスタッブ、高級船員の末席でまじめな三等航海士フラスク、銛打ちの黒人ダグーやクイークェグ、インディアンのタシテゴなど、多様な人種の乗組員はエイハブの狂気に感化され、白鯨に報復を誓う。 数年にわたる捜索の末、遂にピークォド号は日本の沖の太平洋でモビィ・ディックを発見・追跡するが、死闘の末にエイハブは白鯨に海底に引きずり込まれ、損傷したピークォド号も沈没し、乗組員の全員が死亡する。ひとりイシュメイルのみが、漂流の末に他の捕鯨船に救い上げられる。

松岡正剛が指摘しているように*2、『白鯨』は神話的です。モビィ・ディックは「光輝神に内属する暗黒神に近い。わかりやすくいうのなら、のちにジョージ・ルーカスが『スターウォーズ』において仮設したダースベーダー的なるもの」です。

この「内属する」というのがキモで、鯨は残虐な面を持ちつつも、無垢で自由というある種の神聖を保持しています。

これを細田守は「一郎彦の抑圧したインナーチャイルド」と重ねたのではないでしょうか。「インナーチャイルド」の概念を心理学に持ち込んだ例としてはユングアーキタイプス(原型)論にあらわれる「神聖な子ども」があります。*3

神的な子どもは神聖な子、純真な幼児として登場し、永遠の神聖さを象徴しています。神的な子と接することで我執に気づき、自己を素直に見つめることができるといわれます。

子どもは純粋ゆえに残虐であり、自分の力を確かめるために破壊を行います。その両価性を細田守はモビィ・ディックに織り込んだのではないか、と思います。そして、「神的な子と接することで我執に気づき、自己を素直に見つめることができるといわれます。」という部分に救いを織り込むことも考えていたのでしょう。

では、なぜ一郎彦はモビィ・ディックに織り込むことができるような拗らせ方をしてしまったのでしょうか。

ここに、アダルトチルドレンの悲哀があります。

ついやってしまう、試し行為

一言で言えば、鯨への変化は一郎彦から九太への試し行為でした。この解決が本当に雑で微妙なので嫌いなのですが、きちんと説明したいと思います。

試し行為とはその名の通り、敢えて相手に迷惑をかけることで受容されているかどうか確認する行為のことです。卑近な例ではリストカットが挙げられます。

彼は猪王山を倒した九太に復讐するとか、そんなことは一切考えていなかったと私は考えています。彼の行動はもっと幼稚で、「私の信じる世界」が壊されそうなことに対してパニックになっているだけでした。

猪王山が負けるはずがない、自分が人間であるはずがない、そして何より、同じ人間であるはずの九太と自分、どうして差がついた。嫉妬未満の混乱ではありましたが、それゆえに一郎彦は抑圧した幼児性をさかんに発揮することで受容を求めました。

彼は九太を憎悪する反面、彼なら私を受け入れてくれるのではないか、と期待もしていました。

ですが、全うな付き合い方を知らないゆえに、あんな手法しか取れなかったのです。

その悲哀が楓によって一蹴されるのは本当に救いがありません。しかもそのセリフが長い上に内容が全く一郎彦に寄り添っていない。「誰だって闇の一つや二つ抱えているんだから前を向け」とか猪王山と言ってる内容に大差がない。惚れた弱みで九太は散々受容したくせに。クソが。

とまぁ、一郎彦の闇が呆気なく斬られるところには不満しかないのですが、このシーンが却って前述した「異質なものは愛せない」というテーゼに繋がっている、言い換えれば想像力の限界みたいな部分を思い知らせてくれます。まぁいいんだけどね!ケモ映画だからね!

結局、本当の不幸は余人の想像の外側にある

鈴木大介氏が書いた『最貧困女子』という本があります。

最貧困女子 (幻冬舎新書)

最貧困女子 (幻冬舎新書)

その中に、いわゆる「プア充」な人たちが「最底辺」を批判する一節がありました。生半可な「底辺」では「最底辺」に届かないし、自力で這い上がる能力を得られないと、最早どうすることもできないのです。

本当に底辺まで行くと、誰とも心の縁が作れない。周りがいくら手を差し伸べようとしても、本当に欲しかったものは何も得られず、見せかけの救済のみが与えられる。与えられればまだマシで、ほとんどの場合は与えられない。

少々長いですが、本から引用しましょう。

あらゆる局面で被害者であり、何も与えられず、虐げられた彼女たちは、ケアされるどころかセックスワークの世界からすらも除外され差別の対象となってしまう。抱え切れないほどの痛みは決して「可視化」されないどころか、「理解できない」としてやはり糾弾の対象にすらなってしまうだろう。ここに自己責任論など、絶対にさしはさむ余地はない。なぜなら彼女らは、その「自己」というものが既に壊れ、壊されてしまっているからだ。

一郎彦の顛末を追いかけると、「抱え切れないほどの痛みは決して「可視化」されないどころか、「理解できない」としてやはり糾弾の対象にすらなってしまうだろう。」という裏の部分が読めてしまい、つらい気持ちになる映画でした。

アルドノア・ゼロのスレイン君なんかも「実は始めから救われていたのに一人相撲でドツボにはまっていた」というタイプなので好きだったりします。そういう人間に共感できる数少ない人間として、今後もこういうレビューを書いていきたいと思います。