takamuko.blog

怪文書と技術ネタ

レビュー

【書評】米原万里『打ちのめされるようなすごい本』(文春文庫)

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)作者: 米原万里出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/12/05メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る 書評の書評、というのも変な話だが、いろいろと思うところがあったので書くことにする。あとは、…

救われない一郎彦。バケモノの子レビュー

細田守監督作品『バケモノの子』を観てきました。 公式サイトで細田監督が家族の物語と言っている*1ように、前作『おおかみこどもの雨と雪』以上に家族の問題に向き合ってはいますが、中核に据えられた「闇」というテーマについては疑問が残りますし、その辺…